LAアソシエイツのコンセプト

私たちは、ランドスケープデザイン(景観との調和を重視した設計)と、

植物の癒しの力(セラピー)を組み合わせた、「ランドスケープセラピー」を提唱しています。

人の自己治癒力を高め、心身ともに健康な生活を送る手助けをできるような、外空間造りを目指しています。

現代は、文明が非常に発達し物質的に恵まれ、歴史上もっとも自由で安全で幸福な時代といえます。 しかし引き換えに、世界中で深刻な環境・社会問題を抱えています。

日本では核家族化が進み、生活習慣病、メンタルヘルスの不調も社会問題となり、問題山積みの深刻な少子高齢化社会となりました。 人とモノとの関係性、人と人との関係性、人と自然の関係性が崩れている現代、利便さ追求の限界を感じます。           

限界を感じながらも、日々時間に追われる現代人が抱えるストレスは、

日毎に増えていっています。 その証拠に、うつ病など気分障害の患者数は

約120万人にのぼります(平成29年「患者数調査」:厚生労働省)。

そんなライフスタイルの激動に対応するため、生活に少しでもゆとりと癒し

楽しさを日常に感じることができれば・・・。

そこでLAアソシエイツは、社会から受けるストレスをいかに継続的に軽減するか、 そして、そのヒントは自然の中に在ると考えました。 雑木林を歩くと穏やかな気持ちになりませんか? 雑木林を歩くと、音や木漏れ日、落ち葉のやわらかな踏み心地、木々や土の香りを運ぶ風が心に安らぎを与えてくれます。

その自然を大きなスケールそのままではなく、素材や手法を変え、身近な空間の中に自然環境を再現できるなら手に入れたくなりませんか。

自然を模して創られた空間でも、「こころ」は大自然に繋がる要素を感じ取ることができます。

住環境に自然の要素を取り込めば、日々の暮らしの中で感動と安らぎを味わうことができるのです。

ランドスケープセラピーとは

ランドスケープデザインとは、周囲の自然・景観と、お庭のバランスを重視して行う設計です。

LAアソシエイツは、“ランドスケープデザイン×セラピー(癒し)の庭 ”を通じて、心や身体の状態を整え、自己治癒力を高めることで、住まう人たちが健康で快適な日々を送っていただくことに主眼を置い外空間を設計、管理していきます。

この活動または療法をランドスケープセラピーと名づけました。 自然の中に「わたしは在る」を感じるここちよさを・・・ ランドスケープセラピーによって、人と庭のよき関係性を導き、現代にマッチした心から癒される「自然」の現象をデザインを通じて空間化していきます。

LAアソシエイツ (有)新庭園 大阪府高槻市安岡寺町5-32-18 TEL: 072-689-2591 FAX: 072-689-2593

Coptright shinteien all rights reserved.

  • Facebook
  • Instagram