検索
  • laassociates

装飾・・・

スペインのガウディになると驚嘆するものである。


そこまでできるのは何故?

装飾以前のものがある。

その演出として我々が見ているに過ぎない。


自然とはもともと地球上にあるものが、時間を通して作られて来たものである。

そこに人間という生物が関わることによって 環境ということになる。

本来、装飾とはそのプロセスである。



私は、環境、造園、庭、ランドスケープの職能に関わっている。

立ち位置として、ミニマルに空間を展開しうる、そのプロセスの遊びとして、施主の要望を関係させて行く。その遊びが装飾であると考えている。

設計、デザインするというのは、プロセスである。

間違ってもコーディネイトではないと思うが、世の中は悩ましいものである。


現在、私が創作の中で考えている1つのシークエンスは、線、テクスチャー、色彩等のミニマルな要素で合理性と秩序を表現する、

その上で自然から環境という要素を取り入れる。

この現象は時間軸を通して有機的な関係性に経過する?

画家、ピエト・モンドリアンのコンポジションによるところのランドスケープへの展開を思考している。

もう一つは、園芸セラピーというコトの展開である。


LAアソシエイツ 代表 内海

0回の閲覧

LAアソシエイツ (有)新庭園 大阪府高槻市安岡寺町5-32-18 TEL: 072-689-2591 FAX: 072-689-2593

Coptright shinteien all rights reserved.

  • Facebook
  • Instagram